ここは「bag igg」

バッグ選びのポイントとなる生地の種類と特徴について

バッグを選ぶ際に、生地を確認することは非常に大切です。使用する頻度や目的によっても、それぞれに適した生地を選ぶようにしましょう。例えば荷物の多い人や重い物を入れたいという人は、帆布などのしっかりと丈夫な布のバッグにすると良いでしょう。また外を歩くことが多いという人の場合は、雨に濡れても問題ないようなビニル生地の物を選ぶと安心です。ビニルは防水性に長けているので、濡れたら困る物を入れる際にも適しています。またワッフル地は触り心地も良く見た目以上にしっかりしているので、ナチュラルな風合いを好む人には良いでしょう。また汚れが気になるという人は、家で洗濯しやすい素材の物を選ぶことも大切です。そのほかに編んでいるかばんも秋冬シーズンはおしゃれで可愛いものです。ニット地の物を買う際には、裏地が付いている物を選びましょう。ニットだけでは荷物を入れて持ち続けるうちに、伸びてくる心配があるので、裏地がしっかりと付いていれば安心です。

バッグの生地について

バッグの生地についての話題が盛り上がりを見せています。フェイクレザーは、ビニール素材の皮革であり、その特徴として、水に強いという点があり、雨や雪などの気象状況にはうってつけであるといえます。また、その軽さにも定評があり、好んで使う人も多いといわれています。エナメルはワニスと顔料を混合した塗料のことであり、昨今においては、エナメル加工したアイテムを総称して、エナメルと呼ぶようになっています。そのつややかな光沢感と硬質感が人気を博していますが、防水性にも長けています。また、バッグの生地としては定番といわれる本革は、動物の皮膚を使った天然素材であり、絶大な人気があります。最もポピュラーであるのは、牛革であるといわれています。その特性として、使えば使うほどに馴染んでくる点があげられ、多くのファンに親しまれています。その手入れについては、乾いた布などでこまめにふき取ることなどを行うと良いといわれます。

recommend

新宿にある美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000191862/

Last update:2016/6/30